食の情報量

連絡先はこちら国際食学協会

0120-490-063

10:00〜18:00※土日祝日はお休みです


HOME > 食の情報量

食の情報量

2009年の総務省の発表によれば、現代の消費者が選択可能な情報量は12年前の637倍とのこと・・

ここ数年の食品表記や産地偽装事件など、「食の不安」と言われる社会現象はこの選択可能情報量の急速な増大に起因しています。例えば、10個しか「みかん」が無かったら1個の腐った「みかん」でも気づきますが、6370個の「みかん」の中に、637個の腐った「みかん」があったとしたら・・探す労力だけでもう大変です。

例えば、人が12年前に10の情報に触れていたとしたら、現代社会の人は6370の情報に触れているということになります。 もう、こうなってしまったら、人はどの情報が正しいか分かりません。 全ての情報とまともに向き合っていたらノイローゼになる人もいらっしゃるかもしれませんね。

食の情報量01食の情報量02

食に関わる企業でも、食の知識のニーズがビジネスの現場で増えていると耳にします。お話を伺うと、企業自らが自らの襟を正さないともう生き残れないのだそうです。ストレートに言ってしまえばモラル不足だった企業の自業自得なのですが、今は、急速に消費者側も「自ら食を学ぼう」としています。

世情としては食のカルチャー講座が老若男女を問わず人気なんだそうです。

昨今の不景気などから、社会人が「自ら手に職を付ける」、自らが「自らの雇用主になる」という風潮が色濃くなってきました。現代の情報洪水の渦中にいる消費者の「健康な食生活」は、こういったあなたがリードして行くのかもしれません。

IFCA国際食学協会

食の情報量03食の情報量04

詳しい資料をご希望の方は、こちらをクリックしてください。
資料(無料)がダウンロードできます。⇒[Click!]


受講生の声
名誉理事長は南清貴から吉良さおりへ
 美味しい食学セミナーのお知らせ
 日本全国、通って学べる通学校
ナチュラルエイジングプログラム
食学入門講座がeラーニングで学べる
レシピ大公開!!
グローリー・インターナショナル
IFCA公式Facebookページ
ベジィ・ステディ・ゴー!
セラピーライフ
農家から自宅に美味しすぎる野菜が届く!フィールド・コープ
料理教室検索「ぱぱっと検索!クックタウン」
アマゾン
豆知識リンク集
ピックアップ
朝食は今日が始まる出発点 食育標語
食育基本法
ライスインキ