食学とは

連絡先はこちら国際食学協会

0120-490-063

10:00〜18:00※土日祝日はお休みです


HOME > 食学とは

食学の定義
「人々の健康を促す食生活の知恵」

日本、及び世界各地に伝わる民間療法からご家庭に代々伝わる「お婆ちゃんの知恵袋」レシピ、マクロビオティック(英語表記:Macrobiotic)や日本古来の食養学、現代栄養学まで全ての「食の知恵」を指し示すのが「食学」です。

私どもIFCAでは、2005年の食育基本法成立に伴い、消費者志向でのさまざまな角度から調査・研究を行った結果「食育」を普及するためのキーワード、及び食文化・食の理論における知恵・学問・学術の総称を表す言葉として「食学」を定めました。

食学とは01食学とは02

「食育・食養・食学」の連動性については次の一文に集約されています。

「現代社会において食育を推進普及するためには、現代人にはまず食の知識が必要である。その知識は食養に基づくのが最も適している」

IFCA国際食学協会の創立もこの一文から始まりました。

食育基本法が制定されるまでの経緯としては、1988年(昭和63年)に小泉純一郎氏(元総理)が「厚生省としては食が一番大事なのではないか?」と述べたことに端を発し、1993年には厚生省監修で『食育時代の食を考える』という著書が出版されました。また、マクロビオティック指導者の久司道夫氏は議員会館で講演を行ったことがあり、国会議員が80人ほど集まったことがあるそうです。その後、平成14年11月21日自民党の政務調査会に「食育調査会」が設置されることになります。目的としては「産地偽装」など食の安全を揺るがす事件が多発したことから、食育で消費者の不安や不信感を取り除くことが当初の目的でした。その後の翌平成15年に小泉純一郎・総理大臣(当時)の施政方針演説に取り上げられて「食育」という言葉が認知され、食育基本法が制定されることになります。

なお、IFCAでは毎年4月19日を「食学の日」とし、毎年季節ごとに日常の食生活に役立つ調理レシピのコンクール「我が家の食の智恵プロジェクト」を実施、このプロジェクトでエントリーされた「食の智恵レシピ」の中から「我が家の食の智恵大賞」を毎年4月19日に発表いたします。

「我が家の食の智恵プロジェクト」は、ちょっとした風邪から健康促進・美肌・痩身・発毛促進・便秘・不眠・疲労・etc・・・日常の食生活に役立つ調理レシピを発表するオープンイベントです。

IFCA国際食学協会


食学に関するよくある質問はこちら


詳しい資料をご希望の方は、こちらをクリックしてください。
資料(無料)がダウンロードできます。⇒[Click!]


受講生の声
名誉理事長は南清貴から吉良さおりへ
 美味しい食学セミナーのお知らせ
 日本全国、通って学べる通学校
ナチュラルエイジングプログラム
食学入門講座がeラーニングで学べる
レシピ大公開!!
グローリー・インターナショナル
IFCA公式Facebookページ
ベジィ・ステディ・ゴー!
セラピーライフ
農家から自宅に美味しすぎる野菜が届く!フィールド・コープ
料理教室検索「ぱぱっと検索!クックタウン」
アマゾン
豆知識リンク集
ピックアップ
朝食は今日が始まる出発点 食育標語
食育基本法
ライスインキ